menu

皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科がある新宿のクリニック | この症状は耳鼻科?内科?皮膚科?教えて!新宿のドクター

皮膚科・内科・耳鼻科・泌尿器科がある新宿のクリニック

病気になった時、どの診療科目の病院に行けば良いのかという点は、意外と迷うものです。
特に新宿などの都会の場合、病院が多くて悩むという方も多いのではないでしょうか。
そんな中、新宿駅前クリニック(http://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/)はおすすめの病院となっています。
この病院は多くの診療科目に対応しているということもあって、実際に多くの患者の方が訪れています。
医師がそれぞれ専門分野に特化している病院ということもあって、安心して診察を受けることができるのも特徴です。
また、予約不要となっていて、待ち時間も削減できるように努力を重ねていることでも知られています。

▼ 目次

どんな症状で受診が必要なの

ここではそれらの新宿駅前クリニックを中心に、どんな症状がある時にどんな診療科目を受診すべきなのかについて紹介します。
しっかり理解しておくことによって、より病気を簡単に治せるようにしていくと良いでしょう。
もちろん、正しい診療科目を知っておくことによって、正しい病気へのアプローチが必要となってきます。

まず、新宿駅前クリニックではどのような診療科目を設定しているのかについて知っておくと便利です。
こちらのクリニックでは皮膚科や内科、その他の内科、耳鼻科、泌尿器科などを設置しています。
それぞれの医師が担当することにより、より高い質の治療を受けることができるのです。
事実、近年は新宿の駅前病院として人気を集めていて、色々な症状に悩まされている方が病院を受診しています。
新宿駅前クリニックの場合は、医師がしっかり対応しているということもあって、近年はさらに信頼も獲得しています。
今後、新宿の病院と言えば、こちらの病院が人気を集めていくのではないでしょうか。

皮膚の異常なら皮膚科を

では、具体的にどのような症状に対応しているのか、1つずつ見ていくことにしましょう。
まず、ニキビやアトピー、イボや魚の目など皮膚に関する不調が出ている場合は皮膚科の受診が中心となります。
皮膚に関しては人によって質が違っているということもあって、医師による診察が必要となるのです。
その上で薬で治していくべきなのか、手術で治すべきなのかを判断していきます。
ちなみに、皮膚の病気に関しては生活習慣などが大きく関係しているということもあるため、生活習慣の改善から治していくべきという指導などが入る場合もあります。
その他、蕁麻疹や湿疹など、色々な症状に対応してくれるのが皮膚科なので、皮膚に関して何かトラブルや問題があるという方は、気軽に相談してみてください。
実際に皮膚の悩みはコンプレックスなどになる方も多いため、しっかり病院に相談して治していった方がよいです。

風邪なら内科か耳鼻科を

次に、単純な風邪や体調不良などの病気の場合、内科を受診するのが一般的です。
内科は身体の中が原因になっている病気全般に対して、相談することが可能となっています。
もちろん、一般の人が病気などについての知識はあまりないため、どの診療科目に相談すれば良いのかわからないことも多いでしょう。
そういう場合は、とりあえず内科に相談してみるというのが良いと言われています。
内科で何か発見した場合は、そこから治療を進めていくことが必要です。
また、医師によっては他の診療科目の医師と相談し、より具体的な解決策を提示していくこともあります。
外科などは手術が必要な病気や怪我を治すものですが、内科は基本的に切ったりはしない治療方法がメインとなります。
外科に比べても内科の場合は薬による治療がメインになることも多いです。
それらの点から、自分の病気や体調不良について、内科に相談してみてください。
また、内科にも色々な分野があり、それぞれの分野によって変わってくることもあります。
そこもしっかりと把握しておくことが必要となるのではないでしょうか。

その他、風邪の場合は耳や鼻に不調が出てくることもあるので、耳鼻科を受診する方もいます。
もちろん、耳が痛い場合や聞こえにくい場合、鼻水が止まらない場合や鼻づまりが酷い場合にも、耳鼻科が有効です。
耳や鼻に不調がある場合は、とりあえず耳鼻科に相談してみるのが良いです。
耳や鼻の病気に関しては、素人が判断することはまず難しいです。
もちろん、風邪などの病気が原因の場合もありますが、その他に違った慢性的な病気、急性的な病気も絡んでくることがあります。
それらも自分の症状として把握して、どの診療科目を受診するのか考えてみることが必要です。

泌尿器のトラブルなら泌尿器科へ

さらに、泌尿器のことで何かトラブル・問題がある場合は新宿の泌尿器科に相談することをおすすめします。
泌尿器科では、性病を見てもらうことはもちろん、性器に関する悩みなどにも対応してもらうことが可能です。
性病に感染してしまった場合、排泄の時に痛みがある場合など、それぞれ性病や性器に関する悩み全般を相談することが可能です。

新宿駅前クリニックでは色々な症状に対応しているので、何か悩みがある場合は気軽に相談してみてはいかがでしょうか。
熟練した知識と技術を持つ医師が対応してくれるので、安心して病気と立ち向かえるはずです。

新着情報

喉や呼吸器の不調

喉や呼吸器の不調

長い間ずっと咳が出るなど、喉や呼吸器の不調のように感じられますよね。
厳密にどこが悪いのか判断が難しいと思いますが、このようなときは何科に行けばいいかというと、内科や呼吸器内科、耳鼻科などとなります。
これら病院で診察を受け、喉が悪いのか、呼吸器なのか、それとも別の場所の異常なのか、医師に診断してもらって治療を受ける流れとなるでしょう。
先にご紹介した診察科の中でまずどこへ行くか、ここから判断が難しいかもしれませんが、この中でどこが特におすすめということはありません。
喉の不調か、呼吸器の不調か判断が難しい症状が出ているときなど、実際にどこが悪いのか診察を受けてみないと厳密にはわからないことが多く、何科に行くのがベストとは一概に言えないのです。
≫ 続きを読む

予防接種の診察科

予防接種の診察科

予防接種は病気の予防に効果的です。
これを受けると絶対にその病気にかからないわけではないのですが、自助努力だけで感染を防ごうとするよりは確実に感染の確率を下げられます。
また、非常に感染力の強い病気を予防するにはこれがほぼ唯一の方法となる場合もありますから、受けていない予防接種がある方は積極的に受けてみてください。
そのときの診察科ですが、内科や小児科でやっていることが多いです。
予防接種の希望者が大人の場合は内科、子供の場合は小児科が選ばれることが多いですね。
≫ 続きを読む

肌のかゆみと熱の診察

肌のかゆみや熱の診察

肌のかゆみや熱は日常生活でよく経験する体調不良となるでしょう。
どちらもちょっとした症状ですが、実際に出ると不快な症状となり、集中力が落ちるといった影響が出ることもあります。
早く治すためにもこれら症状は何科に行けばいいのか、ご紹介しましょう。

肌のかゆみが出た場合

肌のかゆみが出た場合は、受診先は皮膚科となります。
この症状が出たときは湿疹や赤みなどが出ている場合も多いですが、特に何も出ていなくてもかゆみが出ることもあります。
皮膚科ではかゆみだけの症状でも診察は行っていますから、かゆみが気になるときは皮膚科を受診してください。
子供の場合は小児科の受診でもOKです。

肌のかゆみの治療法

実際に皮膚科を受診したときのかゆみの治療法ですが、これは症状によっても変わるものの、よく行われるのは患部への塗り薬の使用と、場合によってはかゆみ止めとなる飲み薬の処方です。
肌のかゆみが出ている場合、患部のお肌の状態があまりよくない場合も多いです。
お肌の乾燥があったり、赤みや腫れなどの炎症が起きていたりといったことがよくあります。
これらを塗り薬で治療していきます。
保湿剤のほか、炎症を抑える塗り薬など使うことでお肌の状態を改善できます。
ただ、これだけではかゆみがすぐ収まらないこともあるため、場合によってはかゆみ止めの飲み薬も使用するのです。
これら治療によりかゆみの治療ができます。
なお、一度の治療ですぐに治るとは限りません。
通院が必要な場合もありますから診察を受けた医師の指示にしたがってください。

熱が出た場合

熱が出た場合に病院に行きたいときは内科や耳鼻科が受診先となります。
内科と耳鼻科の使い分けですが、耳と鼻と喉などに症状が出ているときは耳鼻科、本当に熱だけで他に症状があまりない、もしくは耳と鼻と喉以外の部位に気になる症状があるときは内科といった判断が比較的おすすめです。
患者が子供の場合はやはり小児科でもOKです
受診した病院で診察を行い、熱の治療を行えます。

熱の治療について

熱は解熱剤を使えば下げられますが、風邪やインフルエンザなどのとき、熱は体の免疫の反応として出ていることが多く、むやみに熱を下げると悪化する可能性があります。
そのため熱が出ていれば必ず治療が行われるとは限らず、仮に解熱剤を処方されたとしても必ず飲むように言われるとも限りません。
ただし、熱もその度数や一緒に出ているその他の症状、患者の年齢、持病の有無などに応じて速やかな治療が必要な場合もあります。
基本的には医師の判断にしたがってください。

くしゃみや鼻水の診察

くしゃみや鼻水が出るときは

くしゃみや鼻水が頻繁に出て困っているときなど、早くそれを止めたいですよね。
そのときは病院に行くといいですが、このときにかかるのは耳鼻科、内科などがおすすめとなります。
耳鼻科と内科とではどちらがいいか、迷う方もおられるでしょう。
どちらでも診察は可能ですが、今鼻で起きている症状をより詳しく診察してもらいたいなら耳鼻科を、そこまでの詳細な診察は希望しないなら内科でも問題ありません。
≫ 続きを読む

発熱や咳の診察

発熱と咳があるとき

体調が悪くなると何らかの症状が出ますが、発熱と咳が主な症状になるときには何科の診察が向いているのでしょうか?
それが風邪の症状と思うときは内科でも耳鼻科でも対応可能なことが多いですが、気になる症状が発熱と咳だけになるなら内科の診察を考えるといいかもしれません。
耳鼻科では対応できないわけではないのですが、こちらの病院は耳と鼻と喉という3か所に特化している病院です。
それ以外の異常にまったく対応できないわけではなく、風邪の診察をやっている耳鼻科なら咳と発熱についても対応可能ですが、鼻と喉にあまり異常がない場合、耳鼻科の専門からは少し外れる症状となる場合もあります。
≫ 続きを読む